入学祝 のし袋 選び方 金額は?

春になると身の回りで卒業入学ラッシュ!

という方も多いのではないでしょうか?

実は私の甥っ子も今年から中学校に中学

つい最近まで幼稚園児だと思っていたのに、時の経つのは本当に早いものです。

 

さて、時が経つのはこちらも同じ。

こちらはもう良い大人。

ちゃんと入学祝いをあげないといけません。

自分にとっても初めてのことなので、のし袋選び方から、金額はいくらがいいのか?

また、表書きには何て書くのが良いのか?

今まで経験が無いとちょっと良く分かりませんよね。

このままではオトナとしてマズイのしっかりと確認しておきましょう!

スポンサードリンク

まずは袋選びから

入学祝ののし袋は蝶結び

いやはや、物事は形から入る!

というタイプの私ですが、入学祝いのし袋選びも失礼のないちゃんとしたものを選んでおきたいです。

のし袋というのはお金を包む袋のことですが、

今まで私が使ったことがあるのは

・友人の結婚祝い

・近所のじいちゃんの葬式で出した香典

とか、まぁいろいろな種類ののし袋を使ってきました。

では、入学祝いに使うのし袋ってどんなものが良いんでしょうか?

選び方はあるんでしょうか?

 

用途によって水引が違う!!

コンビニや文房具屋さんでのし袋を見たことがありますか?

香典用~とか、婚礼用~とか、内祝い用~とか、

いろいろなのし袋が売られていますが一体なにが違うんでしょうか?

実は、用途によって水引のし袋の真ん中で結ばれているリボンのようなもの)が違います。

なので、用途にあった水引のし袋を選んでやる必要があります。

 

入学祝に合った水引は『蝶結び』

入学祝ののし袋は蝶結び

水引の結び方にはいくつか種類があり

紅白の結び切り(二度と解けない結び方、婚礼用)

黒白の結び切り(不祝儀、二度と解けない、繰り返さない)

紅白の蝶結び(何度でも結べる⇒何度あっても良い

こんな感じで、結び方と意味を掛けて使い分けているわけです。

入学祝いなどの慶事、お目出度いことは何度あっても嬉しいことなので

紅白の蝶結びを使うことになります。

スポンサードリンク

表書きは何て書けば良い?

入学祝の表書きは何て書く?

のし袋水引紅白の蝶結びを選ぶのは分かった・・・

でも、表書きって何て書けば良いんでしょうか?

市販ののし袋を買ってくると、貼り付けるだけの表書きが何枚か付属しているはずですが、

もしかしたら「御祝い」とか「御祝儀」しか付いてないかもしれません。

入学祝の場合は、ちゃんと

入学御祝

祝御入学

御入学御祝

と書きたいものです。

字の綺麗さに自信が無い場合もありますが(私もそうですが)

該当する表書きが付属していない時でもちゃんと気持ちを込めて手書きしたいものですね!

小、中、高、大学別!入学祝金の目安

さて、のし袋の選び方、表書きの書き方について説明してきました。

これで、とりあえず見た目はバッチリです。

しかし、肝心なのは中身、

いったいいくら包めば良いのか?

ですね!

以下に年齢と金額の相場をまとめました。

 

相手が知人の場合

小学校・中学校 3000~5000円

高校生 5000円~10000円

大学生 10000円

 

親戚同士の場合

親戚関係にある場合は、入学する子供が何歳であろうと

10000円以上を包むのがマナーと言われています。

 

しかし、これは一般的な話

例えば、

自分にも小学生の子供が居て、過去に入学祝を頂いているという場合、

こんな場合は先に頂いた金額の同額を包めば失礼あたることはないでしょう。

(お祝い事の際は、ちゃんと誰にいくら貰ったのか記録するようにしましょう。)

 

いかがでしたか?

お祝い事が多い春ですが、しっかりとポイントを押さえて失礼のないようにしたいですね!

スポンサードリンク