天下の奇祭と呼ばれる近江八幡左義長まつりが今年もやってきます!

左義長と言えば1月11日に行われるのが一般的ですが

滋賀県近江八幡市で行われる左義長まつりは3月に行われます

この近江八幡左義長まつりは、安土城下で行われていた歴史ある祭りで

手作りの左義長の勢揃いや、練り歩き、奉火、

そして、最大のみどころである左義長のけんか、「組み合わせ」が魅力的な祭りです。

スポンサードリンク

今年は何日に行われる?

近江八幡七夕まつりは、かつては3月14、15日に行われていましたが

明治時代に入ると時代の流れとともに開催日を土日に合わせるようになり、

現在では14日、15日に最も近い土曜、日曜の2日間に行うようになりました。

カレンダーをチェックしてみると…

2016年の3月12日13日が開催日になりますね!

 

2015年近江八幡左義長まつりスケジュール

初日3月12日(土)

13:00頃~
・左義長宮入り(勢揃いが見られます!)
・左義長山車コンクール審査(全て町民手作り!)

14:00頃~
・左義長渡御出発

15:00頃~
・太鼓競演会

17:30頃~
・左義長渡御還行
・山車コンクール審査発表

18:00~
・山車飾り

 

二日目3月13日(日)

10:30頃~
・左義大祭(日牟禮八幡宮拝殿にて)

~夕方まで
・左義長練り歩き、山車の組み合わせ(ケンカ)

18:00頃~
・左義長が八幡宮に集合

20:00頃~22:40頃
左義長奉火(日牟禮八幡宮拝殿にて)

スポンサードリンク

気になる駐車場情報

近江八幡左義長まつりですが、祭りが行われるのは近江八幡駅から徒歩30分の日牟(ひむれ)禮八幡宮周辺。

この辺は駐車場そのものが少なく、車で訪れる観光客を捌くキャパシティーがありません。

交通規制も敷かれるため、祭り会場周辺には駐車できないと見たほうが良いです。

 

近江八幡左義長祭りがオフィシャルで紹介しているのは、神社から少し離れた

近江八幡市役所駐車場(無料)

市営小幡観光駐車場(乗用車500円、バス2000円)

市営多賀観光駐車場(乗用車500円、バス2000円)

織長焦点臨時駐車場(乗用車500円、バス2000円)

の4つのみ。

市役所駐車場利用者から祭り会場付近の②小幡観光駐車場までのシャトルバスに乗れるようです。

織長商店臨時駐車場祭り2日目のみの営業になっているので注意が必要です)

 

オフィシャルの駐車場が4つということで絶対数が少ないですが

近江八幡駅周辺にはNPC24等の一般営業の駐車場が数多くあります。

(また、近江八幡駅から約10km(駅2つ分)離れた野洲駅周辺にもNPC24の駐車場があります)

そちらを利用してもそれほどの出費にはならないでしょう。

スポンサードリンク