絵本を聞いてくれない

2歳ごろから絵本の読み聞かせを始めましょう」とよく言われますよね。

お子さんが2歳になったら早速絵本を買い、読み聞かせを始めても…あれあれ?子どもが絵本を聞いてくれない…

お母さんが一緒運命読んでいるのにあっちに行ったりこっちに行ったりぐずったり…。

2歳~3歳児は、いわゆる「イヤイヤ期」に入ります。

自分の意志を「イヤイヤ」することで表現するのです。ですから「さあ、今からママが絵本を読みますよ」と言っても「イヤ!」と言うのは成長している証拠。心配しないでくださいね。

そんな時期の子どもさんに絵本を読んであげる事は心の成長の良いきっかけになります。

発達に応じた絵本を選んだり、読み方を工夫することで楽しい絵本の時間になりますよ。

スポンサードリンク

なぜ絵本に興味を持ってくれないのか?

2~3歳児がなかなか絵本に興味を示してくれないのにはいくつか理由があります。

絵本そのものに子供が興味を持てない。

最近の新作絵本で、パステルカラーを用いたほんわか雰囲気のものや、細かい部分がたくさんある物をよく見かけます。

大人には興味がわいても、2~3歳児にはぼんやりとしか見えません。

この時期の子どもは

  • はっきりした色合い
  • 大きな絵柄
  • しっかりした輪郭

の絵に興味を持ちます。

ですから、絵本を選ぶときははっきりした絵の物を選ぶとよいでしょう。

対象年齢以上の絵本を読んでいませんか?

お母さんとしては、ついつい「ストーリーもの」を読んであげたくなるでしょう。

しかし、それがどんなに名作であったり、多くの人に語り継がれたものであっても、お子さんがストーリー性のある絵本を楽しめるのは3歳以降からです。

例えば「浦島太郎」であっても、お話を追うだけの読み聞かせになってしまうと、子どもはすぐに飽きてしまいます。

この時期のお子さんには「読み聞かせ」というよりも「絵本を通したふれあい」という事を意識してみてください。

たとえば、かがくいひろしさんの「だるまさんが(ブロンズ新社)」は、だるまさんの様子に合わせて絵本もゆらしてみたり、逆さにしてみたりしてみるとお子さんも興味を持ってくれますよ。

絵本を読むときの環境に気を付けてみましょう。

お子さんが絵本を見ている時、または読んでいる時に怒られたり不快な事があると絵本に対して良い印象を持たなくなる場合があります。

例えば、子どもがせっかく絵本に興味を持ち、手に取って眺めていても「何してるの?おかたづけしなさい!」とお母さんが言ってしまうだけでそれが「絵本に対する悪い思い出」に繋がってしまいます。

実はその時こそお母さんが絵本を読んであげるチャンスです。

おかたづけは後でもできます。その瞬間を大切にしてあげてくださいね。

また、この時期の子どもは好奇心が旺盛ですから、一度興味を持つと先に先に進みたくなります。

お母さんがまだそのページを読み終わらないうちに自分でめくってしまう事もあるでしょう。そんな時は「まだでしょ!」とさえぎったりしないで、お子さんに任せてあげてください。先に進んで気が済んだらまたお母さんのお話を聞いてくれます。

スポンサードリンク

子どもの興味をひく絵本を知る&選び方は?

せっかく読み聞かせするならお子さんが興味を持つ絵本を選びたいですよね。

そこで、絵本を選ぶ時のポイントをいくつかご紹介します。ご参考になれば幸いです。

ファーストブックは「あかちゃん絵本」を選びましょう。

子どもに初めて与える絵本を「ファーストブック」と言います。

初めての絵本はついつい張り切ってストーリーものや細密画のようなものを買ってしまう方もいらっしゃいますが、それは逆効果になるかもしれません。

子どもの目にはっきりとわかる、鮮やかな大きい絵のものはさきほど述べましたが、それに加えて、言葉のくりかえしがある絵本を選んでみましょう。

松谷みよ子さんの赤ちゃんの本シリーズ(童心社)の「いないいないばあ」「いいおかお」や、まついのりこさんのあかちゃんのほんシリーズ(偕成社)の「じゃあじゃあ びりびり」「じょうずじょうず」などはおススメです。

裏表紙の「対象年齢」にはごだわらないで!

絵本の裏表紙には「対象年齢 ○歳から」というふうに書かれてある事が多いですが、実際のところ、厳密にこだわる必要はありません。

大人でも、子供向けの絵本に心打たれる事があります。

対象年齢はやや上ですが、「ぐるんぱのようちえん(西内ミナミ・堀内 誠一/福音館書店)」は就活の大学生の間でひそやかなブームになっているそうです。

大学生でも絵本に共感する事があるのですよ。

「3歳になっても1歳の本を見ているから心配」という声もしばしばありますが、どの絵本も絵本作家さんが心をこめて描かれたもの。

3歳だからこそ、1歳の時には見落としていたかもしれない作者のメッセージを感じることがあります。

そんなお子さんの様子を見ながら、少しずつ「絵本年齢」を上げていってくださいね。

お母さんが楽しく読む事が大事です

子どもはお母さんが大好きです。

お母さんが楽しそうにしているものに興味を持ちます

絵本を読むことでお子さんが早く字を覚えるだろうと思っていたり、「絵本は子どもの頭をよくする」と言われている事にこだわっていたりすると、お母さん自身が絵本を楽しめなくなってしまいます。

絵本は「頭をよくする」というより、「心を育てる」と考えてみましょう。

お母さんもお子さんと一緒になって絵本の世界を楽しんでほしいのです。

たとえ読んでいる途中でお子さんがどこかへ行ってしまったり、先にページをめくってしまったとしてもイライラしてはいけません。

どこかに行ってしまったらそこで読むのはやめてみる。ページを先にめくってしまったらストーリーにとらわれず「絵」そのものを楽しんで「ここにくまさんがいるね~」というふうにお子さんと会話してみてください。

その時の楽しかった記憶が、子どもにまた絵本に触れてみたい気持ちにさせる事でしょう。

2歳児おすすめの絵本

本文中にもいくつか2歳児向けの絵本をご紹介しましたが、他にもこのような絵本がおススメです。

ぴょーん/まつおかたつひで作・ポプラ社

これはぜひお母さんとお子さんで楽しみながら読んでいただきたい絵本です。

見開き2ページを使っていろいろな動物がぴょーんと飛ぶ様子を描いています。

「ぴょーん!」とお母さんが読むだけで子供さんが笑顔になる絵本です。

同じ作家さんの作品で「うわーっ」も楽しいですよ。

くっついた/三浦太郎 作・こぐま社

これもお母さんと一緒に、絵本の世界を再現しながら読んで頂きたい作品です。

「くっついた」という言葉の繰り返しが子どもさんに人気の絵本です。

読み終わった後でも「くっついたごっこ」をしたくなる不思議な力がありますよ。

いやだいやだの絵本シリーズ/せなけいこ作・福音館書店

いやだいやだ」は、初版が1963年、50年以上のロングセラーの絵本です。

子供の頃に読んでもらった記憶のある方もいらっしゃるでしよう。この絵本を読むと小さい子どものする事は50年経っても変わらないなあと実感します。

いやだいやだ」シリーズは「ねないこだれだ」「にんじん」「もじゃもじゃ」があります。また、「あーんあん」の絵本シリーズも合わせてどうぞ。

こぐまちゃんシリーズ/わかやまけん作・こぐま社

創立50周年のこぐま社さんを代表する絵本といえばやはり「こぐまちゃんシリーズ」。

明るくハッキリした色使いや、子どもたちがまるで自分の事のように感じるストーリーで、今でも読み継がれるロングセラーです。

中でも人気があるのは「しろくまちゃんのほっとけーき」。

この絵本でホットケーキの作り方を覚えたという人もいるのではないでしょうか。

2~3歳児は楽しい絵本の時間を!

2~3歳児の絵本は「本に親しむ」素地を作るものとして親子で楽しめるものを選んであげてください。

2~3歳児は好奇心に溢れていますが、集中できる時間は10分もてばいい方

ですから10分かけて1冊の本を読むよりも違う絵本3冊を10分で読んであげるほうが子どもの脳は刺激を受けますから、すぐに飽きてしまう事もないんですよ。

近隣の公立図書館などでも乳幼児向けのおはなし会を行っているところもありますから、親子で参加してみるのも参考になるでしょう。

親子の絵本の時間が楽しいものになりますように!

スポンサードリンク